PRODUCT DESIGN of 倉澤智建築事務所HP

PRODUCT DESIGN

IMG_1782.JPG

Catenaria(カテナリア  テーブル)

Catenariaと命名されたテーブルは、2008年、天童木工デザインコンクールにて銀賞を受賞したテーブルです。カテナリアとは、ポルトガル語でカテナリー曲線を意味します。その名の通り、カテナリー曲線をもつ曲面をテーブルの脚に応用したテーブルです。2010年に天童木工によりガラス天板仕様のテーブルが製品化、2015年3月まで販売されました。

Unknown.jpeg

遠藤照明コンペ最終プレゼ-01.JPG

EN-Chair 杉圧密材による椅子

EN-Chairと名付けられた椅子は、2008年、第1回遠藤照明家具デザインコンペティション2008に提出した椅子で、グループ部門で奨励賞を受賞した椅子です。杉を50%から60%圧密し、強度を増し、面材として部材を組み立てることから発想されました。日本建築にみられるぬれ縁に座るような感覚の椅子としてデザインされました。

899393A18FC696BE83R839383y8DC58FI83v838C835B-.JPG

S.KURASAWA-01.JPG

LOTUS-Chair

国際家具デザインコンペティション旭川2011に提出した椅子です。蓮の葉のかたちから発想されたことからLOTUS-Chairと名付けられました。4枚のL字状の曲面合板を中心の立方体の無垢材で接合し、自立させています。そこに3次曲面の背板を取り付け椅子としています。背板のない場合は、スツールとして使用することを想定し、デザインされました。

S.KURASAWA-02.JPG

IFDA-2013-3D-スケルトン.JPG

X-Chair

国際家具デザインコンペティション旭川2014に提出した椅子です。25×25ミリの角材(ナラ材を想定)と24φの円柱材(ナラ材を想定)のみを使用し、X型の部材により強度を保っています。座は、幅25ミリの綿テープが市松模様に張られ、様々な色彩が選択されることを想定しています。シェーカーの椅子やボーエ・モーエンセンの"Shaker Chair"(J-39)からヒントを得て、限定された部材で再構成しなおすことから発想された椅子です。

IFDA-2013-3D-02.JPG