IS-HOUSE of 倉澤智建築事務所HP

IS-HOUSE(海から収穫された杉材によるリノべーション)

鎌倉で実現した築70年を超える住宅のリノベーションです。普通の平屋であった住宅の天井を取り去り、一室空間としてプランを実現しています。サーフィンを楽しんで帰宅しても玄関ホールから土足で水廻りに入れるように、水廻りを配置し、すぐにシャワーを浴びることができるように配慮されています。

この住宅では、横須賀の佐島沖に浮かぶイワシの畜養として使われている生け簀の杉材(5寸角、古材として流通)を再利用していることが最も大きな特徴となっています。海の中で洗われた杉材は独特の色と表情を醸し出します。そのテクスチャーを、ポーチ、水廻りの床、天井やロフトの床材などとして使用し、この住宅に深みを与えています。

また、敷地の擁壁が横浜や横須賀でよく見受けられる「ブラフ積み」というフランドル煉瓦積みをモチーフにした積み方であったことから、そのデザインをこの住宅の杉の古材の敷き方に継承し、この土地の記憶を住宅の表現のなかに取り入れています。



塩飽邸外観1正面.jpg
塩飽邸玄関土間.jpg
塩飽邸リビングから玄関.jpg
塩飽邸リビングからキッチン.jpg
塩飽邸リビングから海.jpg
塩飽邸ロフト.jpg
塩飽邸天井配線.jpg
塩飽邸浴室.jpg
所在地
神奈川県鎌倉市稲村ガ崎
規模
述べ床面積:60.86㎡
構造
木造 地上2階

塩飽邸外観庭から.jpg

ページの先頭へ