SA-HOUSE of 倉澤智建築事務所HP

SA-HOUSE

SA-HOUSEは、東京でのはじめての仕事でした。ご家族はご夫婦とお子さん二人の4名。初回の打ち合わせ時に、吉村順三さんの「井の頭の家」のような住宅にしたいというご要望がありました。「井の頭の家」の慎ましやかな表現と、ラワン合板という素材を取り入れ、この住宅に表現しています。

プランをつくるなかで、12帖の空間を単位とすることが、敷地を有効活用できること、また、玄関のアプローチを兼ねる中庭を配置することが、敷地の周辺を取り囲む住宅から距離感と採光を確保できることがわかり、実現したプランです。

袋小路状の敷地であったことから、周辺に住宅が建ち並んだ時、採光、通風が十分確保できるよう、DKにはチムニー状の吹き抜けを配置、建具の上に小窓を設け、換気に配慮しています。DKの上に、吹き抜けでつながる子供部屋を配置することで、小さなお子さんとのコミュニケーショを大切にできる空間配列にも心がけています。

DSC_0785.jpg
DSC_0539.jpg
DSC_0350.jpg
DSC_0402.jpg
DSC_0089.jpg
DSC_0170.jpg
DSC_0031.jpg
DSC_0574.jpg
所在地
東京都三鷹市下連雀
規模
述べ床面積:116.15㎡
構造
木造 地上2階

DSC_0544.jpg

ページの先頭へ