MT-HOUSE of 倉澤智建築事務所HP

Worksでは、2000年以降に竣工しました、弊社の主要な仕事(住宅、店舗、家具など)についての画像とコンセプトを紹介しています。                
弊社の仕事の進め方、設計監理料、建築に関する考えにつきましては、Worksの最後をクリックしてご覧ください。

MT−HOUSE(杉小舍 すぎごや)

この仕事は、鎌倉に事務所を設立してから初めての大きな仕事でした。住宅となる母屋と離れ(コテージとして賃貸される)の2棟を敷地内に建設する仕事で、敷地はおよそ20度の傾斜地であり、眼下には南伊豆の海を望む広大な敷地でした。

クライアントの方からのご要望でもありましたが、杉材を構造材(柱、梁ほか)と外装材、内装材のすべてに使用しています。海に近く、気候の激しい地域でもあるため、外壁は杉材を補う材料としてガルバリウム鋼板が選択されました。ガルバリウム鋼板を屋根、外壁の一部に貼り、破風もガルバリウム鋼板で巻き込んでいます。塩害により軒裏が痛みやすいことから、軒を出すことは最小限に留めています。

住宅を構成する各杉の部材は柱、土台の120ミリ角という単位を基準に、梁は120×240(120×2)ミリ、垂木は120/2(=60)ミリ、間柱、根太は120/3(=40)ミリと部材を整理し、架構を秩序立てています。

外観母屋玄関から.jpg
竹見邸リビングからキッチン.jpg
竹見邸リビングから和室.jpg
竹見邸2階寝室.jpg
竹見邸母屋外観.jpg
竹見邸離れ階段.jpg
竹見邸母屋浴室.jpg
離れ浴室.jpg
所在地
静岡県賀茂郡南伊豆町
規模
述べ床面積 母屋:114.51㎡ 離れ:41.41㎡
構造
木造 地下1階 地上2階建て

竹見邸外観2棟.jpg

ページの先頭へ