Profile of 倉澤智建築事務所HP

倉澤 智 Satoru KURASAWA
1961年 東京都(三鷹市)生まれ
1984年 東京造形大学造形学部デザイン学科卒業
1991年 東洋大学大学院工学研究科博士前期課程建築学専攻修了
1999年 ルジーアダ大学建築学部にてポルトガル建築史受講(ポルトガル、リスボン)
資 格  1級建築士 2級建築士 応急危険度判定士
経歴
1984-1985年 末吉栄三計画研究室(沖縄県、那覇)
1986-1989年 エステック計画研究所(東京都、下北沢)
1991-1992年 山本理顕設計工場(東京都、田園調布)
1995-1997年 東洋大学工学部建築学科助手(埼玉県、川越)
1997-1999年 ポルトガル(リスボン)在住
㈱エステック計画研究所HPへ
㈱山本理顕設計工場HPへ
会社概要
1995年 倉澤智建築事務所設立(1級建築士事務所)
2000年 鎌倉にて有限会社に改組
2012年 東京都三鷹市に移転
所属
1989-     日本建築学会会員
2004-2006年 鎌倉市景観アドヴァイザー
2004-2014年 ひと・まち・鎌倉ネットワーク運営委員
2006-2009年 日本建築家協会 関東甲信越支部 保存問題委員会委員
2008-     神奈川県立近代美術館100年の会会員
2011-     (社)日本ポルトガル協会会員
2012-     株式会社まちづくり三鷹 三鷹iクラブ会員
2013-     東京建築士会 正会員
2015-     武蔵野商工会議所会員
2016-     たてもの・まちなみ・景観を考える市民の会 副会長(武蔵野プレイス登録市民活動団体)
受賞歴
1991年 日本建築学会優秀修士論文賞受賞
論文題目『ブルーノ・タウトの建築思想に関する研究ー日本におけるタウトの受容と評価を中心として』
2002年 『ポルトガルを知るための50章』(共著)により、ポルトガル大使館よりロドリゲス通事賞受賞
2008年 天童木工家具デザインコンクール2008 銀賞受賞(Catenaria(カテナリア テーブル)東宮誠との協働による)
2008年 遠藤照明第1回家具デザインコンペティション グループ部門 奨励賞受賞(EN-Chair 東宮誠との協働による)
2012年 愛知建築士会名古屋北支部 第3回建築コンクール 佳作受賞(鎌倉IS-HOUSE)
2013年 NPO法人家づくりの会主催 第1回家づくり大賞 素材ディテール部門(一般の部)部門賞受賞(鎌倉IS-HOUSE)
著書
『ポルトガルを知るための50章』(共著、2001、明石書店)
『ポルトガルを知るための55章』(共著、第2版、2011、2017増刷、明石書店)
旅行歴
1984年6月〜1985年5月:旅行先 台湾、タイ、イギリス、フランス、イタリア、オーストリア、西ドイツ、東ドイツ、スイス、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ベルギー、オランダ、ハンガリー、チェコスロヴァキア、スペイン、ポルトガル、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、ギリシア、エジプト、トルコ、イラン、パキスタン、インド
1989年10月〜1989年11月:旅行先 インドネシア
1995年8月〜1995年9月:旅行先 ベルギー、フランス、スペイン、ポルトガル
1997年10月〜1999年12月:旅行先(ポルトガル滞在時) ブラジル、イギリス、スペイン、イタリア、フランス、ベルギー、デンマーク
趣味
映画鑑賞、映画研究
音楽鑑賞
トランペット演奏
野鳥の観察
語学の学習